第38回東北理学療法学術大会

テーマ:「理学療法士としての多元的な成長」
〜理想の未来像を考える〜
会期:2020年10月17日(土)・18日(日)
10月25日まで公開予定
会場:Web開催

Read more
image01

ご挨拶

大会長:遠藤 武秀

Read more
image01

皆様の演題登録をお待ちします

演題募集期間:2020年3月2(月)14時〜
5月25日(月)14時
演題募集は終了しました。多数の演題登録を頂きありがとうございました。

Read more
image01

Web開催について

第38回東北理学療法学術大会につきましては、web上での開催とさせていただくこととなりました。

Read more
image01

お問い合わせ

私たちは皆様とより良い大会を築く事を一番大切にしています。このサイトへのリクエストや 改善点などお気づきの点がありましたらお問い合わせください。

Read more
image01

東北理学療法学術大会はweb学会に変更になりました

アーカイブデータ登録が可能となりました(10月2日(金)正午まで)=> 詳細ページへ

事前登録が始まりました(7/17~10/6)=> 詳細ページへ

事前参加申し込み期間10月6日まで(クレジット)。 当日参加は不可ですので、早目にお申込みください。=> 詳細ページへ

第2報告知リーフ_最終_pages-to-jpg-0001

大会企画プログラム

大会長基調講演

テーマ:学術大会趣旨に基づくもの

 講 師:遠藤 武秀 氏(第38回東北理学療法学術大会 大会長)

特別講演

テーマ:理学療法士としての多元的な成長

 講 師:斉藤 秀之 氏(公益社団法人日本理学療法士協会 副会長)

シンポジウム

メインテーマ:理学療法士としての多元的な成長

 シンポジスト
  ・女性のキャリア:岩田 好子 氏(済生会山形済生病院) 
  ・海 外 経 験:齋藤 崇志 氏(青年海外協力隊 派遣国パプアニューギニア)
  ・障害者スポーツ:多田 雄一 氏(最上町立最上病院)
  ・ワークライフバランス:多田 竜也 氏(山形県立中央病院)
 ファシリテーター:高橋 俊章 氏(山形県立保健医療大学)

セミナー1 

 テーマ:臨床実践能力を高める教育システムの再考

     ~理学療法士の質を高めるために私たちに出来ること~

 講 師:佐藤 房郎 氏 (東北大学病院リハビリテーション科 技師長)

セミナー2

 テーマ:神経生理学を臨床で活かす

 講 師:山口 智史 氏 (順天堂大学 先任准教授)

セミナー3

 テーマ:運動器とスポーツに対する理学療法の現状と展望

 講 師:赤坂 清和 氏 (埼玉医科大学 教授)

セミナー4

テーマ:活動・参加につなげるストレングスリハビリテーション

 講 師:吉良 健司 氏 (在宅リハビリ研究所 所長)

教育セミナー

 テーマ:新型コロナウイルス感染予防における理学療法士としての役割と責任

 講 師:今田 恒夫 氏 (山形大学大学院医学系研究科 公衆衛生学・衛生学講座 教授)

 

Japanese